スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCKS

 昨日に引き続きAEROSMITHの記事を書きます。

【Toys in the Attic】
 3rdアルバム「Toys in the Attic」にはWalk This Way、Sweet Emotion(相川七瀬は関係ない)などが収録されていますね。

 やっぱり、このアルバムの目玉はWalk This Wayになるんでしょう。
 かつて、休止状態から復活したAEROSMITHはこの曲をカヴァーしたRUN D.M.C.とPVで共演してます。今、観ましたが笑えます。

 ☆Walk This Way の動画 : 口でかいなぁ、スティーヴン。

 このリズム聴いてたら、なぜかスティーヴィー・ワンダーのSuperstitious思い出した。そのSuperstitious聴いたら今度はSly & The Familystoneとか聴きたくなった。

 ☆Superstitiousの短い動画 : ホント短いですが…
 ☆Sly & the family stoneのHigherの動画 : …ちょっと違うね。ここに直結するのはスティーヴ・マリオットだろ!みたいな。

 でも、こういう黒人音楽の要素ってもっとROCKに取り入れたらいいのにね。

【Rocks】
 話を戻します。次の4枚目のアルバム「Rocks」は最高傑作の誉れも高いです。
 必須科目ですね、これは。

 僕はNobody's Faultが好きですね。Verce~BridgeのヘヴィさからChorusに入ると少し開放され、Chorusの最後にまたヘヴィに。ここはたまらないです。…なんか分かり辛くて、どうもすいやせん。
 ☆Nobody's Faultの動画 : ちょっとこれは状態がよくないかな。
 ☆Rats In The Cellarの動画 : 絶対RATTのアルバムのタイトルの元になってますよね。
 ☆Get the Lead Out : Get The Funk OutってExtremeの曲のタイトルの元になってますか、ひょっとして?
 ☆Get The Funk Outの動画 : ヌーノ・ベッテンコートってやっぱりウォーレン(・デ・マルティーニ)に似てるなぁ…。Extremeって”Funk Metal”を名乗ってましたよね。意味がわかんないけど。
そういやAerosmithもExtremeも東海岸出身ですよね。ヌーノはポルトガルですが。ヌーノ・バレンチ、ヌーノ・ゴメス、ポルトガルではポピュラーな名前みたいですね。

【Draw The Line】
 このアルバム「Draw The Line」に入ってるKings and QueensってAerosmithっぽくないですよね。まずそんな印象が。嫌いではないです、むしろ好きですが…

 Draw the Line、Sight for Sore Eyesあたりがオススメ。

 ☆Kings and Queensの動画 : ホント、Aerosmithって気がしません。
 ☆Draw the lineの動画 : 1994年の映像らしいです。でも、アレアレ?途中からPump収録のF.I.N.E. をはさんでますね。

 このアルバム製作してる時はメンバーがドラッグ中毒になってたとか…

 大体ここまでが初期の主なアルバムですね。ジョー・ペリーが抜けた後のアルバムって聴いた事ないんですが。


 どうやら明日も続くかも。


 今週は松本キャスターがお休みなので、滝川クリステルがメインです。
 いきなり噛みました。ドキドキします、この不安定感。
 でもそれだけ滝川クリステルが映る時間が多いということなのでよしとしますか。
 ファンの間ではクリたんという呼び名が浸透して…るのかな(でも日本名は雅美さん)。
 
 明るい話題の時のクリたん(使ってみる)の笑顔はもう最高です!!
 作り笑顔もたまに見せますが…

 NEWS Japanの公式ページに彼女のコーナーがあるんですが。ここです。

メガネもよく似合ってます。
スポンサーサイト

テーマ : ロック・メタル - ジャンル : 音楽

タグ : AEROSMITH ジョー・ペリー 最高傑作 滝川クリステル

ちょい悪です

 ROCKに目覚めた時、ぼくには二大ヒーローがいました。
 
 一人はリッチー・ブラックモア、そしてもう一人はジョー・ペリー

 ということで、AEROSMITHいきます。

 80年頃までほとんどバラバラみたいな時期もあったんで、僕の場合はPermanent Vacationから聞き始めました。

 このアルバムからはRag Doll、Dude (Looks Like a Lady) 、Angel等のHIT曲が生まれています。

 ☆Angel動画

時期的にLAメタルが盛り上がってきて、若い世代のアーティストが影響を受けたアーティストとしてAEROSMITHやCHEAP TRICKなど’70年代に活躍したグループを挙げていたこともあったんだと思いますが、黄金期のメンバーに戻ってからはこれまで順調ですね。
 CHEAP TRICKも再結成後、曲がHITしましたね。THE FLAMEとかはCMで流れてたから知ってる人もいるんじゃないかな。

 ☆The FLame動画

 当然、遡りました。笑

 1stアルバムのMama kin、Dream on、walkin' the dogとかすぐ気に入りました。walkin' the dogはRATTの1stでもカヴァーされてますね。Mama KinはGuns N' Rosesがカヴァーしてるし。

 ☆walkin' the dog動画なんかCome Togetherに似てますが…
 ☆DREAM ON動画「鏡を見ると顔の皺がだんだんクッキリ…」みたいな詩ですか?デビューアルバムで?笑

 セカンドアルバム「Get Your Wings」もいい曲がズラリ。Same Old Song and Dance、Lord of the Thighs、Train Kept A Rollin' (The Yardbirdsのカヴァー)、Seasons of Wither等。
 The Yardbirdsの曲を選曲したのはジェフ・ベック大好きのジョー・ペリーがいるからでしょうか?スティーヴンも好きだったっけ?

 ☆Lord Of The Thighs動画最初のドラムだけきいてるとWalk This Wayかと思ってしまう。
 ☆Seasons Of Wither動画

 この辺りでもうすでに個性がありますなぁ…
 でもまだまだだったんですね、このグループは。


 あ、今日一日で終わんないって。終わるはずない。だから続く…
 

テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : リッチー・ブラックモア AEROSMITH ジョー・ペリー バラード

神様が来る!

 11月に来ますね、神様が。

 ジーコじゃありません。

 エリック・クラプトンです。



 個人的にはクリームの時が好きです。Sunshine Of Your LoveWhite Room、Badge、Crossroads 。

 曲もいいですし、プレイも。毛並みの違うアーティスト、例えばJudas PriestのKKダウニング(…あれ?グレン・ティプトンだったかな)も「CREAMが出てきた時ゾクゾクした」みたいなこと言ってたのを見ました、ビデオで。

 今のクラプトンとは違って凄いヘヴィですよね。

 彼らが活躍してた時は僕はまだ生まれてないわけですが、リアルタイムで聞いてみたかったですね。CREAMやMOUNTAIN、SMALL FACESなんか聴くと20年早く生まれてたらなぁ…なんて思うわけですよ。

 なんていうか…「これから”何が”始まるんだろう?」みたいな期待感をくすぐってくれますね。

 ちなみにBEATLESのジョージ・ハリスンなんかはギターに関してはクラプトンにコンプレックスを感じていたとか。クラプトンとジョージ・ハリスンは親友になりますが、まぁ同じ一人の女性と結婚してますし(じゃあ兄弟?)。

 LAYLAって曲は当時ジョージ・ハリスンの奥さんだったパティに捧げた曲ですよね。どうなんですかねぇ?女性側からすると。
 結婚してても”女は女”(これ以前ある女性に言われました)、悪い気はしないのかな。
 めでたく再婚したクラプトンとパティも結局離婚したんですけどね。苦笑

 でもホント、スリーピースバンドってカッコいいですなぁぁ!!

 ツインリードギターのグループも好きですけどね。

※Sunshine Of Your LoveとWhite Roomは記事内の曲名をクリックすると動画が見れます。


テーマ : おすすめ音楽♪ - ジャンル : 音楽

タグ : エリック・クラプトン CREAM

俺、騙されたよ…

今日二回目の記事です。こちらも見てね。

それでは、まずはこちらの二曲を





 一曲目はVan HalenPanama、二曲目はScorpionsBig City Nightsです。

 この二曲のイントロってちょっと変わってますよね。
 途中で小節の頭がずれているという…

 こういう遊び心って好きだなぁ…

 この例はイントロですが、曲の途中というかギターソロの間でも似たようなケースが。2分24秒からジェフ・ワトソンのソロパートなのですがそこです。



 このフレーズを拍ごとに区切ると、

 EACE AGEA CEAG DBAG(注:KEY=C,Amに修正。パクれる応用できるように。)

みたいな感じで、三つの音を16分音符で弾くことで拍の頭からちょっとずつずれるという手法で聴き取りにくく(速く感じさせるため?)していますね。

 これって、

 EAC EAG EAC EAG DBAG

 みたいな感じで覚えるとリズムに合わせると苦労しますよね。やっぱり楽譜通り一拍ずつ覚えたほうが良さそうです。

 これって聴いてる方はなんとなく「騙された!」となりますよね。

 まぁ、何というか…音楽のブログっぽいです。昨日、一昨日と比べれば。笑





 これ、サービスです。SabrinaBoysです。こんな映像で気づいた貴方はキング・オブ・スケベです。笑

 水着がずれて乳首が出てます。ありがとう。夏っぽくていいかな。

 さあ、今すぐプールにGO!!いるかもしれませんよ。

 これは18年位前の曲で日本でこの曲をカヴァーしたのは杉本彩!!(邦題:Boys boys boys )
 この人もデビューした頃(17歳頃)は結構いい女だな~と思ったんですが…

 11PMという深夜番組のカヴァーガールとかやってまして、年の割に色気がありました。今はもう…

 期待してたんですが、二十代半ばになったらさぞやいい女になるだろう、とね。

 今はなんかもうお笑いっぽくなっちゃって…

 ここでも「騙された!



 さりげなく二段落ちです。


 このブログの将来が心配なぴぃたぁぐりんでした…


追記:太陽系の惑星から冥王星が外されたそうです。しかも”矮惑星”?なんか可哀想ですね。
 

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

超絶技巧

 また、記事の仕上げのところでPCがオチました。笑

 最近、よく図書館に行きます。今日読んだ本は音楽家の一生を簡単にまとめたものでした。そこに掲載されていたパガニーニの欄をみて十代の頃観た映画(レンタルビデオで)を思い出しました。

 パガニーニの映画の話から:

 クラウス・キンスキー主演のパガニーニの話ですが、パガニーニが演奏すると貴婦人が股間に手をやって○○○なシーンがあって興奮しました。こんな力がヴァイオリンにあるなら俺もヴァイオリンやればよかったなぁ…って。

 ていうかヴァイオリンに、ないから…そんなパワー!

 まぁ多少の誇張は入ってるでしょうね。でも相当な演奏能力があったのは事実のようです。

 パガニーニといえば24のカプリースですがこの24番って以前、中谷美紀と堂本光一主演のドラマ「ハルモニア」で中谷美紀がチェロで弾いてました。なんか不思議なドラマでしたね。そういえば最近まで使ってたケータイにこれが入ってて着メロにしてました。

 結構、他の作曲家にも影響与えていますね。リストとかシューマンとか…
 中でもリストは「ピアノのパガニーニになる」とか言ってたらしいですが…

 この人達もたまに超絶技巧なのかなと思います。


 アル・ディ・メオラとパコ・デ・ルシアです。

 さっき、なんか面白そうなCDみつけました。クラシック・フォー・ヘヴィ・メタル・キッズ(5)~イングヴェイ・マルムスティーン編




 

テーマ : ロック・メタル - ジャンル : 音楽

参りました…

 最近、回線の調子が悪くて更新できませんでした…
 こないだの台風の影響です。…カトリーヌのせいです。

 あと、もう一つ。このPC叔父と共有で使っていますが、叔父の使っている時間の方が圧倒的に長い。
 もっと詳しくいうと叔父が「特選モロみえ画像」や「何にもしないで月50万」を見ている時間の方が多い。

 まぁ、気持ちも分からんでもないですが、僕は生身の女性の方が好きです。ほっといても月50万。信用できないです。

 なんか、湿っぽいですなぁ…

 うーん…そういえば最近弟のレスポールカスタムを借りてきて、たまにピロピロやってます。意外に手にしっくりきます。
元々黒のボディなんですが、なんていいますかスカイブルーっぽい色に塗り替えています。しかもフロントPUとPUセレクタが取り外されています。もったいないですね。

 それで、指が痙攣したら今度は「ウイイレ」やります。
 うちのチーム(ミラン)のスタメンは

 GK:シュマイケル
 CB:バレージ、ネスタ
 SB:クロル、マルディーニ
 DMF:ライカールト
 CMF:ティガナ、フリット
 OMF:クライフ
 WG:C.ロナウド
 CF:ファン・バステン

 まぁ、有名どころを集めたと言われればそれまでですが…
 ひどい時は一試合に9点入れた事もあります。星5つですが…

 これ、なんの記事なんだか…

 一ヵ月後に消去します。いや、忘れてるかな。笑
今日は何の曲も紹介しませんでしたね。
 
 次回の記事は「史上最強馬はコイツだ!」です。(嘘)



テーマ : 日記 - ジャンル : 音楽

外人さんの記事

 外国人、英語に直すと”Foreigner

 ※今回からCD購入のリンクはUS版とかに貼ります。試聴できるのが日本版では見当たらないので…



ForeignerCold as ice、これは彼らの1stアルバム(放題:栄光の旅立ち)に収録されています。

 AORの部類に入れられる事も多いですね。それにリッチー・ブラックモアもこのグループをお気に入りに挙げているのでそこから聴いた人も多いんじゃないでしょうか。

 ルー・グラム、元Spooky Toothミック・ジョーンズ、元King crimsonイアン・マクドナルド等が中心となって結成されたグループで、英米混合メンバーで結成されたのでForeignerというバンド名にしたそうです。

 ファーストが発表されたのが1977年ですか…
 たしか、STAR WARSの第一作目(のちにエピソード4と呼ばれる)が発表されたのもこの年。日テレの24時間テレビが始まったのは78年らしいです、翌年ですね。ってこれは関係ないか…

 次にアルバム「4」から名バラードWaiting For A Girl Like You



 このアルバムのプロデューサーはDEF LEPPARDのプロデュースで知られるロバート・ジョン・”マット”・ランジ(ラングっていう人もいるけどどっちだ?)。
 このプロデューサーは曲作りにも参加してるみたいですね。DEF LEPPARDのPYROMANIAのライナーノーツを見てもらえれば分かりますが…

 80年代半ばにもI Want To Know What Love Isというヒット曲を出していますね。



 この曲が収録されているのはアルバム「Agent Provocateur」です。

 このアルバムが発表されたのは1984年ですね。
 この当時は洋楽というのはそれ専門のTV番組も放送されていましたし、今に比べるとホントに身近な存在でしたね。

 そういえば、ギターのミック・ジョーンズは今年来日するビリー・ジョエルのアルバムもプロデュースしています。Storm Frontというアルバムですが、Amazonのレビューには否定的なレビューが目立ちました。苦笑

 1984年といえば、とあるロックグループも大ヒットアルバムをリリースしてますね。

 ヒント:ハミングバードピッキング、タッピング(ライトハンド奏法)、オランダ出身、テッド・テンプルマン。

 ヴァン・ヘイレンのアルバム「1984」からHot for Teacher



こういう場合Jumpを出すべきなんだろうなぁ。シングルもヒットしたし。あの頃聴かない日はないってくらいTVとかラジオで流れてたし。
 でも個人的にはこのHot for TeacherとかPanamaとかの方が好きだったからここではこれで。
 当時、イントロの開放弦を絡めたタッピングは圧巻でした。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : リッチーブラックモア

I’m Not In Love

 昨日ブログ巡りしてて、思い出しちゃったよ~♪

 そうそう、こんな素晴らしいグループ忘れてたなんて…

 DearWalrusさん思い出させてくれてありがとうございます。
 DearWalrusさんのブログ=60 & 70's 名盤レビュー

 まず、昨日の続きっぽいこれ。10ccDreadlock Holiday
 レゲエっぽいっていうかレゲエか?
 でもいい曲ですよねぇ~!



 このグループの代表曲といえばI'm Not In Loveということになるんですが。



 いい曲ですよねぇ~!!知ってる人も多いんじゃないでしょうか?

 それと同時に何故か思い出したのが、Procol Harum(プロコルハルム)。A Whiter Shade of Paleで有名ですが、この曲はバッハの「目覚めよと呼ぶ声あり」をモチーフに作られたそうです(もっと似てる曲があるような…)。
 それが、これ。


 いい曲ですよねぇ~!!!
 そういえば、このグループのギタリストだったロビン・トロワーが雑誌のインタビューでヴァン・ヘイレンとかの音楽性は下らないみたいなこと言ってました。
 しかし、バッハって色んなアーティストに影響を与えたり、アイディアの元になったり。音楽の父と呼ばれるだけの事はあります。
 ロック関係でもリッチー・ブラックモアイングヴェイ・マルムスティーンの口からもバッハの名前は出てきますし。
 あ、ちなみにバッハは牡羊座だから射手座の僕とは相性がいいはず(?)。これはまぁ関係ないか。
 バッハ、スペルはBACHですが(こっからが強引ですよ)、そう言えばこのスペルでロック関係のヤツがいますね。
 そう、SKID ROWセバスチャン・バックです。
 ということで最後にSKID ROWYouth Gone Wildを。
 なんて言ってますがSKID ROWってまともに聞いた事なくて、このバンドに関しては実は僕の友達の方が詳しい。
でも、たしかにいい声してるかな。ジョージ・リンチも一時期お気に入りヴォーカリストにセバスチャン・バックフィル・アンセルモPantera)の名前を挙げてなかったけな…



 明日こそはちゃんとした記事が書けますように…



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : リッチーブラックモア

さま~ずかよッ!

 レゲエROCKを混ぜたらこんな感じらしいです。



 The PoliceI Can't Stand Losing Youです。
 ベースの音が

 (ン)ダダッ(ウン)(ウン)(ン)ダダッ(ウン)(ウン)

って感じでちょっとずれてるのがレゲエっぽいのかな?
 この表現分かり辛いですよねぇ…
 もう一つRoxanneですが…



 これもそんな感じですね。
 このバンドってジャンルでいうと何に入るんだろ?
 ニューウェーブムーヴメントに乗って登場したってのは知ってるけど。

 アンディ・サマーズのギターもシンプルだけど、「わざわざテクニックを駆使しなくてもいいのかな?」と希望を与えてくれるし(失礼な評価だ)。
 まぁジャンルはいいでしょう(諦めた)。
 でもカッコいいですよね。納得できませんか?
 じゃあこれなんかどうですか?
 Messsage in a Bottleです。



 そういやアンディ・サマーズって後期のアニマルズに在籍していた事もあるそうです。
 アニマルズと言えば、ジミ・ヘンドリックスを発掘したチャス・チャンドラーがいたグループですが…
 ゲイリームーアアニマルズの曲カヴァーしているんですよね。
ダーティ・フィンガーズに収録されている、Don't Let Me Be Misunderstood がそうです。このアルバムにはHiroshimaって曲もありますよ。(7/25)の記事でもちょっと紹介してます。重複しますが、ゲイリーが中国っぽいフレーズを”これが日本だ”と言わんばかりに使用しています。まぁ広島は中国地方ってことで(ウマイ!俺!)。

オチもついた事だし、最後にゲイリー・ムーア…を影響を受けたコンポーザーの一人に挙げているジョーイ・テンペスト率いるEUROPECherokeeを(大ヒットアルバム「The Final Countdown」に収録)。好きなんですよね~この曲なんでか知らないけど。
 お分かりかと思いますがタイトルのさま~ずアンディ・サマーズのことでした。くだらない、紛らわしい!!




テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

銀翼のイカルス

【序章】
 TVCMでもおなじみのDust In The Wind。この曲はKANSASの代表作でもあるアルバム「Point of Know Return 」に収録されています。

 「あれ?スペルミス?」って思われた方ごめんなさい。これで合ってます。なんでNo ではなく Knowなのかは知りませんが…
 そういえば、日本の二人組某ボーカルユニットの曲だかアルバムだか似たようなタイトルが…

 ハードロックファンの方にはイングヴェイ・マルムスティーンがカヴァーしたCarry on My Wayward Son(邦題:伝承。アルバム「Leftoverture」に収録)のオリジナルのグループといった方が馴染みが深いでしょうか。

 このグループにはリッチーブラックモア脱退後、ギタリストとしてDEEP PURPLEに加入したスティーヴ・モーズが在籍していました。
 でも、すでにこの時は黄金期は過ぎていました。
 やはり、ギタリスト&コンポーザーであるケリー・リブグレンがいなくては僕にとってはあまり意味がない。

 ジャンルでいうとプログレッシブ・ロック + ハード・ロックのプログレ・ハードという見方が一般的です。
 このグループの特徴のひとつにヴァイオリニスト(=ロビィ・スタインハート)がメンバーの中にいるということがあげられます。
 
 僕のイメージとしては壮大かつ繊細な音楽。
 プログレッシブ・ロックに影響されただけあってほとんどの曲は大胆にめまぐるしく曲調が変わりますが、メロディが美しいので聴きやすいのではないかと思います。

 黄金期のメンバーは…

スティーヴ・ウォルッシュ:Vo、 Key
フィル・イハート:Dr
デイブ・ホープ:b
ロビィ・スタインハート:Violin
リッチ・ウィリアムス:G
ケリー・リブグレン:G、 Key

【本題】
 今回の記事のタイトルにしたIcarus(イカルス=イカロス)はギリシャ神話に出てきますね。

 簡単に話をまとめると

 父ダイダロスと息子イカルスがある塔に幽閉された際、そこから逃げ出すのに鳥の羽を蝋で固めて、これを翼にして逃げた。
 あまり高く飛びすぎるな、という父の忠告を聞かず、イカルスは高くまで飛んでいくが、あまりにも太陽に近づき過ぎたために太陽の熱で蝋が溶け、羽を失ったイカルスは墜落死する。

 うーん…考えさせられますなぁ、ギリシャ神話。
何か戒めのような物を感じます。

 そんな(ってどんな?)KANSASIcarus (Borne On Wings Of Steel) はアルバム「Masque」に収録されています。



本文中には出てこなかったけど…これもかなりKANSASらしさが出てる。

テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : ツイン

惑星 - The Planets

平原綾香=”木星:快楽をもたらす者”、RAINBOW=”火星:戦争をもたらす者”。

 英吉利(イギリス)の作曲家ホルスト(1874 - 1934)の惑星がらみですね。



平原綾香のJupiterです。



 結構いいですね。…ちょっとタイプです。
 でも、写真で見るよりテレビで見た方がいいですね。それもちょっと笑ってるくらいの方がいいです。なんていうか清楚な感じ?

 この曲を最初聴いた時は、ホルストの組曲:惑星から、と聞いても「あれ?こんなのあったっけ?」みたいな感じでした。
木星」はインパクトが弱かった、「火星」に比べると。

 でもいい感じに仕上がってると思います。
 
 RAINBOWのアルバム「Down to Eearth」に収録されているEyes Of The Worldのイントロ部分で火星を引用。ドン・エイリーが弾いてます。
 ここの二曲目で試聴できます。
 これは”ほぼまんま”ですね。RAINBOWDEEP PURPLEの場合は他にもバッハベートーベンの曲も引用していますが。

 この組曲:惑星ですが実は当時太陽系の惑星海王星がまでしか発見されてなかったそうです。それで海王星は”神秘主義者”なんでしょうか。
 その後、マシューズという作曲家が冥王星を追加したみたいですね。こちらには”再生の神”という副題がついてますが、もしホルストが生きている間に冥王星が発見されていたらどういう副題になったんでしょう。

 あるいは冥王星が”神秘主義者”で海王星には違う副題が付けられたのかも知れませんね。

【副題】Wikipediaより
火星: 戦争をもたらす者
金星: 平和をもたらす者
水星: 翼のある使者
木星: 快楽をもたらす者
土星: 老いをもたらす者
天王星:魔術師
海王星:神秘主義者



 今回のはかなり無理があった。クラシックを本格的に勉強した訳でもないし。
 でも調べていくうちに新たな発見があってよかったよかった。
 
 もし、クラシックに詳しい人とか間違ってこの記事見た人は”ここはちょっと違う”、”ここは説明が足りない”とかコメントもらえたらありがたいです。もちろん、一般のコメントも大歓迎。



リッチーブラックモアの分
FC2ブログランキング


 これは平原綾香の分

 これは火星をアレンジしてるのにこの記事で取り上げられなかったEmerson, Lake & Powell の分ブログランキング・にほんブログ村へ





 
 

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : リッチーブラックモア 惑星 ホルスト

泥棒?だれが?The Stealer

また8/13の記事がらみです。

 今日はポール・ロジャースです。FreeThe Stealerです。



 今の音楽に比べると音がかなりシンプルですね。僕に言わせればそこがいいんですが…
 ホントにドラム、ベース、ギターの音しか聴こえません。

 …というか、このアンディ・フレイザーのベースのラインはいいですねぇ。改めて。

 次にMr. Bigです。



 かなり映像が痛んでますがしょうがないです。
 ギターのポール・コゾフは泣きのギターで有名ですが、ここでは顔も泣いております。

 そういえばMr.Bigポール・ギルバートビリー・シーンエリック・マーティンらが組んだグループの由来になっていますね。
 音楽的共通点は僕には分かりませんが。

 では次に、ポール・ロジャースがドラムのサイモン・カークMott The Hoopleミック・ラルフスKing Crimsonボズ・バレルらと組んだ、Bad CompanyReady For Loveです。



 これもかなり映像が申し訳ありませんが、我慢してください。
 こうなるとガマン大会です。

 Ready For LoveBad Companyのオリジナルではなく、ミックが所属していたMott The Hoopleのアルバム「All The Young Dudes」に収録されていた曲です。

ここで「次はAll The Young Dudesか?」と読まれていると悔しいので、この曲の作曲者のデヴィッド・ボウイ…の曲を同じくカヴァーしているポール・ギルバートのバンドRACER XMoonage Daydream を。



 ちなみにMott The HoopleAll The Young Dudesの動画URI:

 http://www.youtube.com/watch?v=CO-vQc9kuv8

 これもちょっと映像が…でも曲の良さは十分伝わるんではないかと。



ポール・ロジャースの分
FC2ブログランキング


 これはデヴィッド・ボウイの分

 これはKinki kidsと一緒の番組に出てたポール・ギルバートの分ブログランキング・にほんブログ村へ




テーマ : ハードロック - ジャンル : 音楽

KILLER QUEEN

DEEP PURPLEのCHILD IN TIMEの元ネタがここの5曲目で聴けます。
Michirohさんのブログ、Another Way to the Death Valley8/4分の記事でアーティスト名は知ったんですが。結構有名な話ですが、参考の為。
 西森マリーのラジオで最初聴いたんだっけな。あれ?成毛滋の番組だっけ?いや、まぁどちらもロックを聴き始めた時参考にしましたよ。
これ追記なのにトップ。笑



 昨日の記事ブライン・メイがちょこっと出てきたので今日はQUEENの曲の中でお気に入りのギターソロを…
 QUEENKiller Queenです。



 ブライアン・メイのギターって彼の父親と作ったそうです。100年以上暖炉に使ってあった木をボディーに使ったんだとか…

 それにしてもいい音ですなぁ…ギターのオーケストレーションも心地よいです。
以前、観たビデオ(昨日のアレ関係のヤツ)の中でブライアン・メイが「リッチー・ブラックモアの前では、僕ら(隣にトニー・アイオミがいますが…汗)のプレイは霞んでしまう。」なんていってましたが、いやいやそんな事は。

でも、QUEENの代表曲といえばBohemian Rhapsodyなんでしょうか。こんな曲作るグループってQUEEN以外いないでしょうし。


 どうでしょう?これ。フレディ・マーキュリーのトリビュートコンサートでの一部なんですが、ここでも(8/1分参照)エルトン・ジョンが出てきます。曲調が変わってGuns N' Rosesアクセル・ローズが出てきます。
 
 QUEENもクラシックの要素(オペラ?)を取り入れていますが少し、プログレッシブ・ロックとは違うみたいですね。

フレディ、エルトン。…大丈夫か?エルトン・ジョン!男と結婚したみたいだけど。

 

 ここでは、ジョージ・マイケルと共演。Don't Let The Sun Go Down On Meです。たしか、ジョージ・マイケルもゲ…。

 とにかく、この人の書く曲は素晴らしいわけです。
 はっきり言って下手なHeavy Metalよりヘヴィな曲もありますよ。

 当然、歪んだ音のギターでリフを刻めばHeavy Metalと呼ぶならそういうのはありませんが。



ブライアン・メイの分
FC2ブログランキング


 これはエルトン・ジョンの分

 これは若い時無理やり男にやられたアクセル・ローズの分ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : ハードロック - ジャンル : 音楽

タグ : リッチーブラックモア

Mistreated



伝説のカリフォルニアジャムでのMistreatedです。この曲ってポール・ロジャースとかが歌っても合いそうですが、いやスティーヴ・マリオットでも…いずれにしてもソウルフルなヴォーカルじゃなきゃだめですね、これ。この歌は歌いたくないなぁ。喉やられるっぽい。

 時々、(若い!)デヴィッド・カヴァーデールが音を外してますがそこはご愛嬌ということで。
 でも、この頃からリッチー・ブラックモアアラビア音階を使ってましたね。チョロっとですが。
 本格的にやりだしたのはStorm Bringerあたりからでしょうか。Gates Of Babylonではもうやりたい放題ですが。
 
 話は変わりますが、Rock Aid Armeniaってご存知でしょうか?90年頃だと思いますが、アルメニア地方(ってどこ?)に起きた地震の被災者を救うためのチャリティーで超豪華なメンバーを集めてSmoke On The Waterをやったわけですが、即行でCD買いました。
 感想はあえて言いませんが、ホントに豪華メンバーです。

 Vocal イアン・ギランブルース・ディッキンソンポール・ロジャース、ナリタブライアンではなくブライアン・アダムス

 Guitar リッチー・ブラックモアトニー・アイオミブライアン・メイアレックス・ライフソンデイブ・ギルモア

 Bass クリス・スクワイア

 KeyBoads キース・エマーソンジェフ・ダウンズ

 Drum ロジャー・テイラークイーンの方です、Duran Duranではなく)



 これを聴いて思ったのが、ブルース・ディッキンソンの声が意外に合ってるかな、と。



これはリッチー・ブラックモアの分
FC2ブログランキング


 これはブライアン・メイの分

 これは参加してるのに声が目立たないブライアン・アダムスの分ブログランキング・にほんブログ村へ



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : リッチーブラックモア

世界不思議発見

 先日(7/7)の記事でチョコッと触れたU.K.のビデオです。
U.K.に収録されている、In The Dead Of Night です。結構有名なのかな。


 ヴォーカル&ベースはジョン・ウエットンで、ドラムはビル・ブラッフォード、ギターはアラン・ホールズワースです。
 どうですか?ギターソロ。なんかギターのフレーズっぽくないですね。エディ・ヴァンヘイレンとかに影響を与えているらしい。ライトハンドタッピング)もホールズワースの曲をコピーしようとして指が届かなかったから右手を使ったんだとか。
 まぁね。よくエディのインタビューではエリック・クラプトンの名前が出てきますけどクラプトンの影響はみてとれないし、クラプトンも「もし、自分がもっと若くても彼のようなプレイをしたいと思わないだろう。」みたいな事いってましたし。
 ところでこのアラン・ホールズワース、フレーズというかスケール(音階)を計算で割り出すそうです。フィーリングオンリーではないということですね。
 



 あと、これ皆知ってるかな?
 (ロックに飽きちゃった発言以前の)U2のアルバム「WAR」に収録されているSunday Bloody Sunday
 このアルバムではこの他にNew Years Dayも好きなんですが。

 
 これをアメリカのブッシュ大統領が歌っております。



 いやぁ、欧米人はこういうの好きですなぁ…
 これも、笑える。こちらはレーガン元大統領のそっくりさん。
 たしか当時、中学生か高校生だったけど笑いすぎてひきつけ起こしそうだった。
 ココリコミラクルタイプRelaxが使われているFrankie Goes To HollywoodTwo Tribes



 日本にもこういうPVってあるんでしょうか?あ、でもきっと中途半端な出来栄えになるっぽい。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : アランホールズワース

運命の翼の叫び



 Judas PriestThe Ripper、これは二枚目のアルバム「Sad Wings of Destiny (邦題:運命の翼)」に収録されています。
 このアルバムを彼らの最高傑作に推すファンも多いですね。

 個人的には「Screaming for Vengeance(邦題:復讐の叫び)」が最高傑作だと思うんですが…

 このアルバム「Sad Wings of Destiny」に収録されている曲はほぼ全て好きです。
 じゃあ、なんで僕が最高傑作を他のアルバムに推すか?

 これは曲の完成度で評価してる訳ではなく”一般的に認知されているJudas Priest らしさ”というか”Heavy Metalらしさ”を評価してのことです。

 カテゴリ表示で”HR/HM”というのがありますが、Judas Priestだけは間違いなくHMじゃなきゃ、と思います。
 このアルバム「Sad Wings of Destiny」に関してはHeavy Metalアルバムというか、Hard RockHeavy Metalが混在するアルバムという印象があるんです。

 デビュー当時、KKダウニングが主導権を握っていて、それがグレン・ティプトンに変わった時に超個性的なグループJudas Priestが完成した。という仮説を立ててみました。確認は取れませんが…

 「違うだろ。」って声が聞こえてきそうです。「違うかもね。」って答えます。あくまでも個人的な意見です。

 次に、そのアルバム「Screaming for Vengeance」からEectric Eyeです。



 でもやっぱり「Sad Wings of Destiny 」はいいアルバムだよね~。
Tyrantとかいいですね。ちなみにバイオハザードにもタイラントって出てきます。もちろん真っ先にJudas Priestを思い出しました。


テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ジューダスプリースト 最高傑作

Lights Out 英吉利。ぷっ



 UFOってみなさんご存知ですよね?そう、マイケルシェンカーがかつていたグループです。
 PHENOMENONからSTRANGERS IN THE NIGHT(ライブアルバム)までがマイケルシェンカーが所属してた時に発表されたUFOのアルバムなんですが、UFO加入時には彼は英語をしゃべれなかったとか。
 コミュニケーションが取れなかった分プレイにエネルギーを向けたからあの凄まじいプレイが出来たんでしょうか?
 冒頭のPVはマイケルシェンカーが所属していた時期に発表されたUFOのアルバム「Lights Out」からタイトル曲Lights Out。結構ハードな曲ですね。
 個人的には「No Heavy Petting」に収録されているOn With the Actionとかも異質な感じですきなんですが。結構いい曲がありますUFO

 次のPVはそのマイケルシェンカーに影響を与えたギタリスト=レスリーウエストのいるグループMountainDon't Look Around

 このMountainのベーシスト、フェリックス・パッパルディはかつてエリック・クラプトンが所属していたクリームのプロデューサーですが、たしか奥さんに射殺されたんじゃなかったかな?
 僕としてはアルバム「Climbing!」に収録されているBoys in the Band(僕が最初に聴いたMountainの曲でもあります)のイントロあたりにマイケルシェンカーの原形っぽいものを感じるんですが、PV見つかんなかったので。

 最後に…これ観てもらえますか。

 なんかこれ観てから胃がもたれてきました。





テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : マイケル シェンカー UFO ツイン マウンテン レスリー

The Trooper

 悲しいお知らせがあります。
 
 記事を書いている途中でIEが異常終了しました。

 まぁ、ばちが当たったんでしょうなぁ。パチンコの記事書いてましたから。
 このまま終わってしまうのは悔しいので、重要なとこだけ箇条書き。

パチンコは大勝するまで大負けするな。
②今日行った店の女子店員の中に小西真奈美をスパイシーにしたような美人がいる。
③その美人がいる時はなかなか勝てない。
④店の常連にエディアイアンメイデンのマスコット(?))そっくりのオッサンがいる。
 …で今日はアイアンメイデンThe Trooperを。


 この曲はアイアンメイデンの曲の中でもかなり好きな曲です。
 ファンの中にはブルース・ディッキンソンが好きな人とポール・ディアノが好きな人がいるそうな。
 僕はブルース・ディッキンソンの方が好きですね。

 そのうち、ツインギターグループの記事でも書こうかな…
 IRON MAIDEN,THIN LIZZY,JUDAS PRIEST,WISHBONE ASH,NIGHT RANGER,WHITE SNAKE,etc

そういえば、リッチーブラックモアニール・ショーンRAINBOWに入れてツインギターにしようとしてたとかいう話を聞いたことが…
 どなたか真相をご存知ないでしょうか?ちなみにこの情報は以前、雑誌で見た記憶があります、うっすら。
 
 そういや、昨日は僕と同じ中谷美紀のファンの人のブログを見つけて思い出しました。
 僕がYahoo!検索で最初に入力したキーワードは”中谷美紀 画像”でした。日石ワーキーレーのCMに出演してた時からのファンです。
 続きまして曲は中谷美紀砂の果実

 この曲は坂本龍一の作曲で”教授”の娘さん=坂本美雨がオリジナルですね。こちらは英語ヴァージョンですが。
 この町のどこかに中谷美紀そっくりの人が…いるはずがない。いたら身柄確保しますもん。

 ※このブログのカテゴリ、基本はHR/HMです。


テーマ : YouTube動画 - ジャンル : 音楽

タグ : アイアンメイデン 中谷美紀 THE TROOPER パチンコ リッチーブラックモア

これもスーパーグループなわけですよ

 キングクリムゾンUK) + イエス + エマーソン、レイク&パーマー

ASIA
 なんですが。正直こんなになるとは誰も想像できなかったでしょうね。多分、もっとこう難解な音楽を想像してしまうというか…
 

【結成時のメンバー】


 ジョン・ウエットン(Vo.B) 元King CrimsonUK
スティーヴ・ハウ(G)元YES
 カール・パーマー(Dr) 元Emerson, Lake&Palmer
ジェフリー・ダウンズ(Key) 元The BugglesYes
プログレッシブ・ロック界の有名人たちですね。
 ※UKといえばアラン・ホールズワースUKですね。

 まず、ジョン・ウエットンのいたキングクリムゾンのアルバムRED」からRED

 って、こんなPVなんですか?これ誰か独自に作ったんですかねぇ?
 まぁいいや、曲は間違いなくREDです。

 次に、YESの最高傑作との呼び声が高いアルバム「Fragile(邦題:こわれもの)」からHeart Of Sunrise

 これ1991年のライブかららしいですが、このベースが好きだなぁ。
 個人的にはアルバム一曲目のRound Aboutも好きなんですよ。

 次に、EL&PFanfare For The Common Man

 
 次にASIAファーストアルバムからheat of the moment

 …なんですが。ここまでなんかつながり見えますか?
 でも、ご安心ください。ジェフリー・ダウンズというメンバーもいるわけですよ。The BugglesVideo Killed The Radio Star
 これが残念ながらASIAに一番近く思えてしまう。


 以前、リッチーブラックモアが自分の曲がラジオから流れてくるのを聴くのはいいもんだ。みたいな事を言ってたのを雑誌で読んだことがあります。
 プログレッシブ・ロックマニアックみたいな感じになってますが、それは多分本人達の意図するところではないんでしょうね。でもあきらかに少数派。
 一応、プロならばセールスも気になるところでしょうし。それがないと、レコード会社も契約を結んでくれないだろうし。本人たちもヒット曲は欲しいでしょうから。もちろんこれは僕の推測でしかないですが。
 でも、YESChicagoもPOP路線に進んだ(?)ところをみるとあながち間違いでないような気が…
 ちなみにEL&Pにはあのコージーパウエルが加入してエマーソン、レイク&パウエルとしてアルバムを出してたりします。イニシャルだけなら変わらないですが。
 そして、最後に紹介したThe Bugglesの(元YESだったりもする)トレバー・ホーンはドタキャンでお馴染みt.A.T.u.のプロデューサーらしいです。ぜんぜん興味ないですよね。僕は全く興味ないです。

テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

Behind The Mask

ギターの神様と言われるエリック・クラプトンBehind The Maskです。
 オリジナルはYMO(イエローマジックオーケストラ)です。
 でも、なんかこれ、ASIAの曲みたいだ。
 超個人的な意見としてはクラプトンがカヴァーすると元が何の曲だか分かんなくなるような…ジミ・ヘンドリクスLittle Wingもそうだし。
 ちなみにLittle Wingのカヴァーはスティーヴ・ルカサーの方が好き。
 なぜなら、ほぼ”まんま”だから!
 カヴァーだからってそんなにアレンジし直さなくてもいいんじゃない?


 エリック・クラプトンのギターは好きですが、やはりブルースから離れないというか、柔軟性には欠けるのではないか、と。
 それとも、カヴァーという概念そのものが違うのかな?
 「コード進行、メロディは同じだけども違う曲ですよ。」という感じなのでしょうか。
 この曲のここが好き、ってあるじゃないですか?ファンとしてそこはカヴァーといえども押さえて欲しいんですよねぇ。
 
 
 スティーヴ・ルカサーTOTO)のLittle Wingはこんなこんな感じ。
 オリジナルは三分足らず、ホントはこれより短いんですよ。


 オリジナルを超えるカヴァーってないのかな?
 ということで次回はASIAの記事を書きます(変更の可能性大いにあり)。





 

ジョーエリオット目線

 僕が思うに世界一有名なROCKファン、ジョー・エリオットの所属するグループ=デフ・レパードがカヴァーしたアーティストのビデオを載せてみました。

 まず、THE SWEETのAction。これは「Retro Active」に収録されていますが、実はこのグループに関してはよく知りません!笑
 リッチーブラックモアはこのグループを気に入っていたような記事を見たことがあるような…



ここから紹介する曲はデフレパードのアルバム「Yeah!」に収録されています。


 次にMott The HoopleのGolden Age Of Rock & Roll。
 Mott The Hoopleといえば有名なのはやはりアルバム「All The Young Dudes」でしょうか。このアルバムにはギターのミックラルフスが後に所属するBAD COMPANYでもお馴染み(ホントにおなじみ?)のReady for Loveも収録されています。結構質の高い曲が収められているので、死ぬ前にチェックされてはいかがでしょう。ちなみにタイトル曲All The Young Dudes(邦題:すべての若き野郎ども)の作曲者はあのデヴィッド・ボウイ



 T. REX20th Century Boy…とここでうれしい誤算が!上で紹介したMott the HoopleAll the Young Dudesの歌詞の中にT.REXがでてきます。イアンハンターがTレーックス♪と歌ってます!なんか流れとしてはよかったよかった。
 T.REXに関しては8/1の記事の中でChildren Of The Revolutionを紹介してますが、思うに他のアーティストの曲の歌詞に出てくる、それだけでも彼ら(というかマークボラン?)の偉大さが伺い知れるというもの。30歳を迎える二週間前に交通事故亡くなるまでに数々の名曲を残しています。日本ではMetalGuruやTelegram Samが有名ですね~。
 そういえばマークボランは一時期(?)魔女と暮らしてたとか、30歳を迎えることはないだろうと予言めいた言葉を残してるとか、何にしても不思議な”カリスマ性”を持った人であったことは間違いない。
 日本でよく使う”カリスマ店員”や”カリスマ美容師”とはわけが違います。



 こちらは7/12の記事でも紹介したThin LizzyDon't Believe A Word(邦題:甘い言葉に気をつけろ)です。
 う~ん…このThin Lizzyは邦題のつけ方でかなり損してるような気が…
 彼らの曲の中にJohnny The Foxという曲がありますが邦題は”サギ師ジョニー”。日本の某レコード会社は彼らを日本で売り出す気はあったのでしょうか?すごく疑問です。
 このビデオではゲイリームーアがギターで参加しています。


【総評もどき】
 ジョーエリオットは実績からいえばもう十分ROCKスターだと思うのですが、どちらかというとROCKファン代表みたいなスタンスが僕は好きだし、デフレパードの楽曲の質はそれによって保たれているような…
 自分たちがファンだからこそ、同じROCKファンのハートをつかむような作品を出し続けているのだと思います。
 今日はこのへんで…



テーマ : 気になるアーティスト - ジャンル : 音楽

Wring That Neck


しかしホントにアドリブのオンパレード!

 リッチー・ブラックモアフェンダーストラトキャスターのイメージが定着していますが、以前はギブソンES-335を使ってました。
 DEEP PURPLEハードロックに路線変更するあたりからストラトキャスターがメインになるわけですが、このWring That Neckは第一期DEEP PURPLEのアルバム「The Book of Taliesyn(邦題:詩人タリエシンの世界)」に収録されています。
(映像は第二期メンバーですが。)一般的なDEEP PURPLE像の原型を求めるとびっくりしますが、なかなかいい感じですよアンセムとかはお勧め。


もうこの頃からリッチーはリッチー・ブラックモアです



あと、これ↓、個人的に好きなんですが…歪んだ美しさがGOOD!

テーマ : ロック・メタル - ジャンル : 音楽

Children Of The Revolution

 実はT.REXCHILDREN OF THE REVOLUTIONが好きで、映像を探しておりました。
 すると、ちょっと違ったヴァージョンで、あ~こういうのもアリだなぁ…なんて呑気に見てたら、あれっ!?これエルトン・ジョンじゃん!!!!!(気がつくの遅すぎ)
 おまけにリンゴ・スターまで出てくるではないですか!(まぁこっちは交流があったのはなんとなく、映画もT.REXのやつ作ってるしね)
 グラムロックといえばT.REXT.REXといえばマークボラン
 
 
 そういえば、Tボランっていうグループいませんでしたっけ?
 ちなみに奥田民生のいたユニコーンってバンドの由来はT.REXのアルバムの名前からって知って、聴いてみて期待してたのと違っててがっかりした記憶がある。
 雪が降る町すばらしい日々はカラオケでよく歌うけどね。(採点式で悪くても900点以下取ったことがない。自慢話)

 しかし…

 いやぁ…参った!!
 知る限り一番のコラボだ。凄いゾ、YouTube!(←こいつの手柄じゃないけどね)
 ちなみにDURAN DURANGIRLS ON FILMは18禁になってました。昔は日本でも放送してたのに。笑


日本人も出てきたよ…オイ。


すばらしい日々ハンディカムCMで流れてます。
僕がこの曲を知ったのは昔、福山雅治オールナイトニッポンで演奏したのを聴いた時(別に福山のファンじゃないよ!たまたま)。




テーマ : ロック・メタル - ジャンル : 音楽

最近アメリカ人まで紹介するようになってる…



ポール・ギルバート率いるRACER XTHE WHOBaba O’Rileyもカヴァーしてたんですね。てかライブか。
はるかにピート・タウンゼントより上手いですが…

他にTHE WHOの曲をカヴァーしたアーティストはエルトン・ジョンスコーピオンズなど。

ポールギルバートを日本のテレビ番組でKinki Kidsの後ろにいるのを見たときはびっくりしました。日曜日にやってるやつですが…
RACER Xの主な他のメンバーはというとドラムのスコットトラヴィスはその後ジューダスプリーストに加入。
このヘタクソなヴォーカル、ジェフ・マーティンはポールがビリーシーンらと組んだMR.BIGのヴォーカル、エリック・マーティンの弟ですな。
ちなみにエリックはB’zの松本のグループに参加してました。

THE WHOピート・タウンゼントは鼻がコンプレックスでそれをカヴァーするのに名曲を書いたとか。
MR.BIGのバンド名は(ポール・ロジャースのいた)FREEのアルバム「ファイアーアンドウォーター」に収録されている一曲から。


 | BLOG TOP | 

プロフィール

ぴぃたぁぐりん

Author:ぴぃたぁぐりん
タイトル変えました。

地味に…

ブログ内検索

ここでキーワードを入力して記事を検索してください。

リンク

相互リンク

相互リンク

相互リンクactionでSEO 対策とアクセスアップ
相互リンクactionはSEO 対策・アクセスアップの相互リンク集です。完全無料。相互リンクactionに登録してアクセスアップを!!

お気に入り

掲示板

なんでも書き込んで下さい。

掲示板はここです。

参加中のブログランキング

ROCKあるいはHR/HMで参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

RSSフィード

最新の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ぴあにか

月別アーカイブ

広告

PageRank

音と光の国内最大総合デパート

楽器販売大手、石橋楽器店のWEB-SHOPです!

DVD通販に、1980円で借り放題のDVD&CDレンタル!動画を楽しむならDMM!

アフィリエイトプログラムに関する資料請求はこちら

延滞料なし!忙しい人のためのDVDレンタル

音楽を創りたいなら、ヤマハ音楽院

アフィリエイト の JANet





ホームページ売上アップドットコム|ホームページ診断×SEO対策ツール

SEO対策でアクセスアップ





1曲99円から簡単購入♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。